総量規制対象外でおまとめローンを活用する4つの理由!

なぜ総量規制対象外はおまとめローンと相性が良いのか?

なぜ銀行系のカードローンの方がおまとめローンに向いているのでしょうか?

それは、銀行系の場合総量規制の対象外なので、年収の1/3を超えた借入限度額が設定できるからです。

ですから、多額の借入をしているのなら、銀行系のカードローンでまとめてしまった方が良いのです。

しかも銀行系カードローンは、消費者金融よりも金利が安いので、単に借り換えたとしても返済する額が少なくなるのです。

銀行系のカードローンのメリットはいくつかありますが、おおむね下記の通りです。

<総量規制対象外のメリット!>

年収の3分の1以上を借りれる
元々の限度額が高い
金利が安い
もしものときの返済相談もできる

消費者金融よりも大きなメリットがあるんです。

おまとめするなら消費者金融よりも銀行カードローンの方がお得!

なぜ、おまとめローンにすると返済が楽になるのでしょうか?

それは金融業者ごとに月々の最低返済額が決まっていて、トータルすると結構な額の返済を月々していることになるのですが、借入先を一つに絞ると最低返済額もその1社だけになりますから、とても安い返済金額で済むのです。

その分返済期間は長くなってしまいますが、きちんと返済計画を立てられるという意味でも、一つにまとめたほうが良いのです。

それでは、なぜ、銀行系のカードローンの方が消費者金融よりも良いのでしょうか?

その点について詳しく説明していきましょう。

おまとめローンを総量規制対象外で行う4つの理由とは?

総量規制対象外 カードローン通帳画像

総量規制対象外の銀行系カードローンに借入をまとめることのメリットは、概ね以下の4つです。

繰り返しになってしまいますが、この4点が大きなメリットとなりますので、しっかりと覚えておいてください。

銀行系カードローンで借金をまとめることのメリット

年収の3分の1以上を借りれる
元々の限度額が高い
金利が安い
もしものときの返済相談もできる

この4つが、消費者金融とは大きく異なる点です。

ではそれぞれのメリットについて、もう少し詳しく説明していきましょう。

1.年収の3分の1以上を借りれる

消費者金融でお金を借りる場合、総量規制という法律が適用されて年収の1/3以内でしかお金を借りることができません。

何社から借りても、合計額は同じです。

これに対し、銀行系カードローンは総量規制の対象外ですから、年収の1/3を超えても借りることができるのです。

ですから、何社からも借入をしていて、さらにお金が必要となったときには、収入による借入限度額の規制がない、銀行系の方がお薦めなのです。

こういってしまうといくらでも借りられるのかという錯覚に陥ってしまいますが、実は総量規制対象外でも、収入による限度額の目安はあります

概ね年収の1/2という目安があるそうです。

公にはされていないので、あくまでも銀行内部での目安ということです。

それでも消費者金融よりは多額の借り入れができますので、いざという時に頼りになります。

2.元々の限度額が高い

銀行系のカードローンの場合、借入れ限度額は800万円~1,000万円程度になります。

消費者金融の場合大体500万円程度ですから、そもそも借入限度額が異なります。

銀行系の方が最初から高く設定されているのです。

年収による借入限度比率も銀行の方が高くなりますので、元来銀行系の方が多額の借り入れができるのです。

当然年収によって限度額が設定されてしまいますので、手放しで喜ぶわけにはいきませんが、限度額の設定については銀行系の方が甘いと言えます。

3.金利が安い

銀行系のカードローンを利用する際の最も大きいメリットは金利です。

一般的に現行系の方が消費者金融よりも金利が低いです。年率にして数%程度ですが、この数%というのが長年返済する場合に総返済額に大きな差を作ることになります。

100万円を借りたとしましょう。
銀行系カードローンでお金を借りた場合、1年間の金利を10%とすると、1年後の利息は10万円です。

これに対し消費者金融で借りた場合、1年間の金利を15%とすると1年後の利息は15万円です。

5万円も差が出るのです。2ヶ月分の返済額に匹敵する差額です。

今時、銀行で定期預金をしても、金利は年0.01%程度です。

5%の金利差といったら、預金の利息の500倍にもなるんです。

ですからほんの数%の差というのが馬鹿にならないのです。

少しでも金利の安い銀行系カードローンの方がお得だということをわかっていただけたでしょうか?

4.もしものときの返済相談もできる

しかも銀行系のカードローンの場合、返済相談というサービスも行っています。

返済のシミュレーションもしてくれますし、他社からの借入のおまとめについても相談に乗ってくれるのです。

とてもきめ細かなサービスをしてくれる。これも銀行系カードローンのメリットの一つです。

総量規制対象外でおまとめローンの審査を申し込むときのポイントは?

銀行系カードローンでおまとめローンを申し込む際のポイントがいくつかあります。

 

4件以上から借り入れをしていないこと
債務処理手続き中でないこと
5年以内に滞納などをしていないこと

 

これらのポイントを満たしていれば、審査に等る可能性が高くなります。

逆にこれらのどれか一つでも抵触していれば、審査に落ちてしまいます

ですから、4件以上から借り入れをしている場合は1件でも多く完済を済ませてください。

また、債務整理中に新たな借金をするなど言語道断です。

5年以内に滞納履歴がないということは、ブラックリストに載っていないということです。

ブラックリストに載ってしまっていたら残念ですがあきらめてください。

もう一つ気を付けなければならない点があります。

必ず注意していただきたいのが、現在借り入れているところよりも金利が安いことです。

いくら一つにまとめても、今よりも金利が上がってしまては、かえって返済が苦しくなってしまいますので、この点にもくれぐれも注意してください。

総量規制対象外のカードローンを使えば完済の道もグッと近づきます

ここまで、総量規制の対象外である銀行系カードローンのメリットと注意点を説明してきましたが、
うまく使えば本当にメリットがあります。

月々の返済もぐっと楽になりますし、利息も減るのです。

今までよりも、借入残高が減っていくスピードが上がりますので、毎月の請求書を見るのも楽しくなってくるでしょう。

そして、一歩一歩完済への道を歩んでいくのです。

今までの借金地獄がうそのようです。

本当に残額がぐんぐん減っていくんですよ!

こんな情報を聞くと、実際に借り換えやおまとめローンをしたくなるかと思います。

でも何も確認せずにやみくもにしてしまうと、メリットを生かせない場合もあります。

ですから、カードローンを申し込む前にいちど返済相談を受けてみることをお薦めします。

銀行も親身になって相談に乗ってくれますよ!

では、どんな銀行が良いのでしょうか?

ここでお薦めするのは、三井住友銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンであれば、借入額150万円、限度額が150万円で金利は10%、月々の返済が20,000円です。

借入額が200万円、限度額が200万円の場合、金利は年10%で月々の返済は25,000円です。

三井住友銀行カードローン


三井住友銀行のおまとめローンに魅力を感じたなら、まずは三井住友銀行カードローンのホームページをご覧ください。

おまとめローンのこともしっかり載っています。

三井住友銀行カードローンのホームページはこちらです。

関連記事