総量規制対象外のカードローン審査は甘い

総量規制対象外のカードローン審査は甘いのか?

総量規制対象外のカードローンって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今回は、総量規制の対象外になっているカードローンについて紹介したいと思います。もっとも、総量規制という言葉には馴染みのない方もいるはずです。

 

でも、住宅ローンや自動車ローン・クレジットカードの利用やいわゆるカードローンでの借り入れなど、何らかの形で「お金を借りる」ことに縁があるという人はかなりいるものです。

 

全く縁がないという人は徹底的に節約した生活を送る必要があって、そういったものに一切頼らないようにしている人(本来は経済援助がひつようなのかもしれませんがその点には触れません)やあるいはそんなもの必要ないくらい裕福な人が多いと思います。

 

というわけで、今回はお金を借りる時の限界にかかわるルール「総量規制」とカードローンの仕組について紹介します。これだけ縁のある人が多いということは、次は自分の番かも知れません。今からの情報は絶対知っておきたいものばかりですよ!

 

1.総量規制ってナンダ?

そもそも、総量規制って何?という話になる人も多いでしょう。私「法律や経済関係の話疎いんです」なんて人も。

 

簡単に言えば、総量規制とは「お金を借りるにも上限ありますよ」というルールで貸金業法という法律で定められているものです。では、上限は金額で決まっているのでしょうか?

 

答えはNOです。仮に、100万円までしかダメになったら、住宅ローンは借りることが出来ません。年収が250万円くらいの人からすれば、十分に大きな借金かも知れませんが、800万円くらいの人からすれば、もう50万~100万円くらい増えても何とかなるかも知れません。

 

ですから、年収に対する借金の比率で決まっているのです。それは3分の1という比率。つまり、年収250万円の人であれば、250万に3分の1を乗じるので、83.3万円が借金の上限だというのです。

 

すると、疑問が生じますね?住宅購入って2000~3000万円くらいはします。大半の人はローンがないと購入不可です。でも、ローンを組めないなんていう「事件」がそこらじゅうで発生してしまいます。これじゃ、誰も持ち家には住めないということになりかねません。

 

というわけで、借金といっても以下の3種類はその額に算入しないで計算することになっています。

 

・住宅ローン
・自動車ローン
・クレジットカード

 

例えば、年収400万円で住宅ローンが残り1900万円で自動車ローンが160万円の合計2060万円のローンをかかえていますが、総量規制の基準となる借金の金額は0円とカウントされます。簡単ですね。

 

でも、こういった場合は問題です。同じ年収400万円で住宅および自動車ローンがなくても、カードローンで既に120万円の借り入れがあった場合は考えてみましょう。

 

この例では、総量規制にかかる借金の額はそのまま120万円とカウントされてしまい、あと15万円足らずで総量規制というルールに抵触してしまいます。こうなると、「総量規制対象外」でもない限りそれを越えて借り入れを増やすことはできなくなります。

 

すると、「総量規制対象外」になるカードローンがあるのかどうかというのが問題になるわけです。

 

 

2.総量規制の対象外となるカードローンはあります!

総量規制対象外のカードローン自体は存在します。といっても、カードローンといえば、主として銀行のカードローンと消費者金融系のそれと2系統に分かれます。

 

ここで、総量規制対象外になるカードローンは「銀行」の方です。といっても、銀行って書類が面倒で…という心配があるかも知れません。しかし、そういった心配はありません。

 

参考・消費者金融のカードローンでは

こちらでも、実はお金を借りる方法があります。それは、「借換え」です。あるいは「おまとめローン」と呼ばれているもので、要は借りたお金をそのまま他の金融機関から今まで借りていた借金の完済に当てるということです。それを前提とするなら、借りることが出来ます。

 

しかし、これには注意しなくてはならない点があります。

 

それは、まず結局借り入れている総額をこれ以上増やすことは出来ません。理由は、根本的に総量規制の対象外ではないからです。次に、金利が高いという問題があります。銀行のカードローンが上限としている貸し出しの金利が14%程度なのに対して、消費者金融は18%程度を設定してくるケースが多いです。

 

結局のところ、利用方法を間違えるとかえって返済総額が高くなってしまうなどして返済が遅延するリスクを増やす可能性もあるのです。そういった点では、銀行のカードローンの方が優れていると言えるでしょう。

 

3.では総量規制対象外の銀行カードローンの実態は?

最近では、気軽な利用ができるものが増えてきているようです。その代表例がUFJ系統の「バンクイック」というものです。

 

こちらは、最短で即日融資を受けることも可能です。

 

まずは、WEBで融資の申込を行います。ここから30分程度でメールまたは電話にて審査の結果が出ます。合格していれば(普通は借り入れが数件以内であればすぐにOKのようです)、テレビ電話のある窓口へ。そこで、運転免許証を提示すれば、カードが発行されますので、直ちに借り入れを行うことができます。

 

また、電話での相談は、銀行の窓口が開いていようが閉まっていようが関係なく出来ます。銀行は15:00には閉まってしまいますがそのような心配をする必要はありません。

 

さらに、無理のない返済プランが充実しておりまして、50万円以下の借り入れであれば月々2000円から返済可能です。飲み会プランより安いですね。これはびっくりです。

 

確かに、消費者金融のように「30日無利子」などということはありませんが、時間をかけて返済したい場合は利率の関係からむしろこちらの銀行のカードローンの方が優れています。

 

昔より、随分気軽にかつ安心して利用できるようになっているようです。

 

 

まとめ…総量規制対象外のカードローンは「バンクイック」!

以上のように、備えとして総量規制対象外となるカードローンには「バンクイック」がおすすめです。消費者金融では対応できない総量規制に対応しています。

 

ただし、利用は計画的にしましょう。必要に応じて弁護士に相談することも頭の中に入れておきましょう。その上で、無理のない便利な利用を心がけて下さい!

 

即日キャッシング無審査
即日キャッシングを無審査で受けるために必要な条件や裏ワザなどをまとめたサイト。このサイトをチェックすればあなたも審査なしで即日キャッシングができるかも?

 

カードローン審査甘い
審査が甘いカードローンをまとめてあるサイト。クレジットカードの現金化など、ネットじゃ出てこない情報まで調べて解説されてあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー